脳梗塞を予防しよう【早期発見できる健康診断のススメ】

シニア

生活習慣が大切です

女医

深刻な病気である脳梗塞の予防策として、食生活の改善、サプリメントの導入、喫煙や大量飲酒を控えること、ストレスをためないこと、運動の導入や規則正しい生活を送ることが挙げられます。とくにサプリメントにおいては脳梗塞の予防に効果がある複数の成分を同時摂取できる商品が人気を集めています。

More Detail

誰でも取り組む必要あり

看護師

高齢など年齢的な要因によって脳梗塞は発症してしまいますが、若年層でも生活習慣の如何では発症し得るため、食生活、喫煙や飲酒、運動などといった生活習慣の改善を行い、予防を行う必要があります。また、患者数の増加が今後避けられないことから今後特にSNSやインターネット等の啓発が活発化することが考えられます。

More Detail

血圧、脈拍数に注意

医者

脳梗塞には様々なタイプがありますが、高血圧を伴うものがほとんどです。食事制限や運動、薬物などで高血圧を予防することは、脳梗塞予防となります。朝は血圧が上がる傾向にありますから、起きてまもなくは安静にするなど、対策を講じましょう。日頃から血圧や脈拍数を測る習慣も効果的です。

More Detail

誰でも可能性があります

悩む男女

いかに防ぐか

脳梗塞というと、自分自身と関係ないと思いがちですが、誰でもなる可能性がある病気です。また、年々患者数も増えているとの事で、その関心はますます高まっています。動脈硬化から脳梗塞になる可能性が高いという事からも、予備軍を含めると、かなりの方に当てはまるのではないでしょうか。死亡や障害につながる可能性もあるので、しっかりと情報を得て予防をしておく必要があります。基本的には血管の弾力がなくなったり、血液がドロドロになったりする事が原因になるようです。また、日頃の生活習慣が大きな要素を占めており、その改善を図る事が予防につながると考えて良いのではないかと思います。

健康診断は大事です

脳梗塞は生活習慣が大きく関わっている病気なので、まずは生活習慣の見直しが必要となってきます。バランスのとれた食事がとれているか、きちんと睡眠時間が確保されているか、こういった事の見直しを行ないましょう。またストレスも身体には良くないので、ストレスがかかりすぎてないか、またそのストレスがうまく発散できているかを見直す必要があります。それに加えて、専門医にみてもらうのが重要です。また健康診断が非常に重要になってきます。定期的に健康診断を受ける事で、脳梗塞の予防につながるだけでなく、他の病気の早期発見にもつながります。時間をなるべく取り、健康診断に足を運びましょう。また健康診断や受診を行なうことで、予防のために必要な食事や運動の指導を受けられることもあります。